LINK
なにかとお手軽に活用できる借入ですけれども、失念してはいけません、金融機関は利益を上げるために利率を掛けているという点です。貸主はカード会社ですので当たり前ですが借金の利子というのはすごく高く設定されています。グレー利率がまかり通っていた時代には29.20%などという高水準の利率で承諾させられていました。それプラスその当時は総量規制と言ったものがなかったですから、どんどん契約していたわけです。その結果、返済が難しくなる人を作りだしたので、自己破産する人が増えてしまったのです。そして総量規制というものによって結局のところ己の退路を断つようなこととなりました。それはそうとして昨今では利子は相当低水準に落ち着きましたが、それでもなお住宅ローンと比べると高いことには変わりがないと言えます。借りるお金の額が低額ならそれほど重い負担にはならないかもしれませんが高額に及ぶカードローンをしてしまったらそれに比例して返済月数も長くなります~、利息として返す額は相当の数字となってしまいます。現実に、電卓で勘定してみると最終的に相当の金額を払っていることが理解できると思われます。こうしたことを当然と考えるかそうではなく損をしていると感じるかは人によりますが私でしたらこれくらいのお金があるのだったらいろんなものを買えるのになと躊躇してしまいます。こ金利を払いたくないというような場合は切りつめて支払期間を縮めることです。少しでも繰り上げ返しておいたら、支払い月数を短くすることができます。全く必要もなくカードローンするような方はいないでしょう。やむにやまれずわけがあって借りるのですから、そうした後は支払を少しでも縮めるといった忍耐力が必要となります。かつもっと返済に余剰がある場合はたくさん返済をして、早期支払いをすると良いでしょう。