LINK
車の『全損』とはその名が示すように自動車のすべてが壊れてしまった状況で、走行することができないような移動手段の車として役をできなくなった状態で用いられますが保険での【全損】は少し違った意味が含まれています。自動車保険のケースでは自動車が壊れた場合には【全損と分損】という風に2つの状態振り分けられ、分損は修復のお金が保険金内でおさまる場合を言い、反対に《全損》とは修理の費用が保険額より高くなる場合を言い表します。通常では、修復で全損という場面では車の最重要のエンジンに修復できないダメージがあったり骨組みが曲がってしまったりして元に戻すことが無理な場合再利用か廃車となるのが当然です。車の事故が起こって修理業者や自動車の保険会社が修復の費用を推定した場面で、いくら見た目がきちんとしていて直すことが可能な場合でも修復の費用が保険額よりも高ければどうして自動車の任意保険にお金を支払っているのか分からなくなるでしょう。そういう状態では【全損】と判断して自動車の権利を保険屋さんに譲って保険金を受けとるようになっています。当たり前の事ながらかなりの間乗り続けた自動車で愛情があり、自腹で直して所持したいと希望する方はけっこういらっしゃいますからケースに応じて保険屋さんと話し合うといいのかもしれません。乗用車の保険の中にはこういう場面のために車両全損時諸費用補償特約等全損の際に特約つけている場合が存在し、予期せず自家用車が全損となったケースでも車を買い換えるの経費を一部分負担してくれる状況もあったりします。尚盗難時保険額の特約をつけているならばとられてしまった車が発見されない場面でも全損と扱われ保険金が払われる仕組みになっているのです。