未払い残高のあるクレジットカードの機能停止においても落ち着いて〉複数回払いあるいは各種サービス借入金などといった未払い残金についての精算が引き続き終わっていない立場において無効化などをすると、当然の事実ではあるがカードの契約失効手続きと同じタイミングで返済残額に対して全額の支払いを要求される例もあったりします(要は支払いがまだ終わっていない残金を使用取りやめしてしまうなら一括で払ってくれなどと催促されます)。75-7-61

お金に余裕が残っているときであれば差し支えはないと考えらますが、先立つものが不足している段階でこのような使用取りやめという行為を実行することは天に唾を吐くようなことと言えてしまうためきちんと支払いが一息ついてからクレジットカードの契約失効手続きを進めるほうが不安がないと思われます。75-15-61

無効化に及んだ時点でどのくらいクレカを使って精算にかかる費用がどれくらいかをじっくり見極めた上で機能停止をして下さい。75-4-61

解約上のマージンというものがかかるカードも稀に存在→非常に稀なケースではあるがある種のカードサービスに関しては機能停止のための支払いに類するものが発生するときが存在します(限られたハウスカード等が該当するのみ)。75-17-61

相当に限定されたケースと言えるから大して悩まなくても問題ないけれど、クレジットを使用し始めてからある一定の期日以前に解約を行う場合に契約失効手続きのための代金というやっかいなものが入り用になる仕掛けが出来ていることもありそういった使用不可能化上の必要経費を節約したいのならば、指定された期日をスケジュール帳にでも書いてちゃんと使用してから使用不可能化を実行してもらうようにした方が良いでしょう。75-5-61

余談ですが頭の隅に残してもらいたいことですが、上述したような状況は使用不可能化を申し出た場合に社員の口から通告あるいは警告というものが漏れなく行われるようになっています。75-16-61

何も連絡もしないままいきなり無効化上の必要経費などというものが引き落とされるという事態はとても想像できないはずですのでまずは無効化を受付に願い出て自らが手持ちのクレジットカードに機能停止のための支払いが支払いの義務があるか否か確認してみて欲しい。75-9-61

75-20-6175-8-6175-14-61